Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/happiness-a/happiness-revolution.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

幸せなシングルマザーを目指す私の経験・学び・情報を発信しています

シンママライフ|シングルマザーの赤裸々子育てブログ

子連れで太平洋フェリーに乗船レポ|船内での過ごし方や食事はこんな感じ

 
  2017/09/07
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
女性に生まれた幸せを120%楽しむ愛され淑女へと成長するために自分の人生をつかって研究している「愛され淑女ラボ」研究所所長のココロです! 母として、妻として、そして女として。色々な役割がある私が、全てをバランスよく全うし、愛され淑女へと成長していくために大切なこと学び・体験・経験の奮闘記をお届けしています! 淑女とは“身の振る舞いや話し方が落ち着いていて上品な女性”という意味です。更に私は、優しさや愛情、魅力に溢れる“愛される淑女”を目指しています。 実に欲張りな東北に住む33歳、4歳の息子を育てている女であります♡

3歳の息子と母と太平洋フェリーの“きそ”に乗船し、仙台から名古屋まで船旅を初体験してきました^ – ^

活発でジッとしているのが苦手なくせに人見知りで甘えん坊な息子との船旅に出発前は不安を覚えていたのですが、いや〜楽しい船旅でした!何より息子が大喜び!とっても楽しかったみたいで、いつまでも思い出を口にしています(笑)

子連れでの船旅に不安を抱いている方や、どの部屋にしようか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

子連れで太平洋フェリーがオススメの理由

まず最初に今回の子連れ船旅を経験し、私が子連れ船旅をオススメしたいポイントと理由を列挙してみたいと思います!

キッズスペースがある

船内には1箇所キッズスペースが完備されており、ボールプールやぬいぐるみ、絵本やおもちゃがありました。

今回の旅は平日だったこともあり、子供が全くいなく(T . T)息子は貸切状態で楽しく遊んでいました。もっと他に子供がいれば、子供達同士で遊べたのにな〜。

映画館があって自由に観れる

船内には、結構本格的なステージを備えるシアターラウンジがあります。

毎晩様々なジャンルのアーティストによる華やかなラウンジショーが開催されている他、1日3回、大型スクリーンによる映画も上映されています!!子供向けの映画もあったのですが、集中力のない3歳の息子は30分くらいで飽きてしまい退出しました(笑)

もちろん、入場無料です!

コスプレができる

密かに楽しかったのが、コスプレ!なんと、船長さん気分を味わえる帽子とブレザーの衣装が用意されていました。もちろん大人用と子供用がありましたよ。

思い出に、写真撮るしかないよね!

自由に外のデッキに行き来できる

危険だから外には出ないでください〜とか言われるのかと思いきや、外のデッキへの出入りは自由でした!もちろん子供だけじゃ危険だけど。

私が行った3月はまだ外は寒く、ほとんど出ている人はいませんでした(笑)でも、潮風を感じながら大海原を眺められるココは、天気が良ければ絶対に気持ちいい場所です!

寝落ちしちゃって私は無理でしたが、星空もキレイなんじゃないかな〜。

窓の外から見える景色が楽しめる

船内には至る所に窓があり、外の景色が楽しめます。船とすれ違う時など窓の外に見所がある時はアナウンスが流れ教えてくれるので、見逃しもありません(笑)

クジラやイルカでも外泳いでないかな〜っと思って探していたのですが、残念ながらいませんでした(T . T)

大浴場がある

船の中ですが、結構大きな大浴場が完備されているんです!ジャクジー付きで温泉気分が味わえます。大海原という最高の景色を眺めながらの入浴は、最高!サウナも完備されています。

部屋の等級によって部屋風呂の有無が違いますし、あっても狭いので、コチラで入浴している人が多かったです!

ちなみに、たまたまなのか、私の部屋のシャワーの湯温が安定せず、熱湯が出たり冷水が出たり。シャワーを入るのに一苦労しました(^◇^;)

売店がある

船内には、苫小牧、仙台、名古屋の各寄港地のお土産やお菓子、飲み物、日用雑貨に至るまでそれなりにバラエティ豊かに商品が取り揃えられています。

ただ、スタッフの削減か、営業時間が決まっていて、私が行くときはいつもクローズ(笑)中をお見せできず残念。

売店の他にも、ジュースやお酒の自販機も数箇所に設置されています!こういうところのって、結構価格が上乗せされているけど、ここはされてなかった!ご安心を(笑)

子供用の器が可愛い

船内のレストラン(バイキング)には、子ども用のお皿やコップ、スプーンやフォーク、紙エプロンが充実していました。

ただここは揺れる船内でみんな食器を持っている。ちょこまかと動き回る息子が人様に突撃して皿でもひっくり返しやしないかがとても心配でした(笑)

レストランで食事をしない方は、軽食を販売している売店で買ったり、持ち込んだものを食べている人もいました。

船というよりホテルといった感じで探検ができる

全長は199.9mもある、今回のフェリー!船内は全部で7デッキまであり、本当に広い!(実際は1~4デッキまでは車etcが積まれているので、私達が行き来できるのは5~7デッキ)

このホテルのような船の仕組みが気になって気になって、私たちがまずしたのが乗船してまずしたことが船内の探検でした(笑)

個室なら騒いでも大丈夫

全部で客室の種類は12種類あったのですが、子連れであれば絶対に一等客室以上がいいと思います!

個室であれば、大声を出しても好きなタイミングで寝ても大丈夫!だって機械音などや海の音がかき消してくれるし、他の人に邪魔されたり邪魔してしまうこともないから(笑)

探検した結果、二等和室やS寝台もチラッと見たのですが、就寝時間などもある程度合わせないとだし、騒げないし、自由がないし、ここに子連れは厳しそうです。

子連れでの太平洋フェリーは絶対にこの部屋がオススメ

そして、今回宿泊した部屋はこちら。上から4,5番目の等級の部屋である「特等洋室」に宿船しました。

ソファーベッド・バス・シャワートイレ・冷蔵庫・BSデジタル放送受信テレビ・インターホン・ナイトウェア・サンダル・タオル・ヘアードライヤー・洗面用具・ティーセットがある部屋です。

特等室は全部屋窓側に位置しているので、部屋から大海原が見放題なところが魅力!息

子はずっと、窓から外を眺めていました。

が、残念なのは、窓が汚いということ(笑)

こんな広い船の窓掃除なんて、そうそうできないもんね(笑)

まとめ

約22時間を船内で過ごしたのですが、波も穏やかで恐れていた船酔いは全くなく、船内でも楽しく過ごせ、私も息子も大満足の旅でした!

ちなみに帰りも船で帰ってきたのですが、波が高くて終始船酔い (笑)あれはキツかったけど、この話はまた今度(笑)今となっては、それも良い思い出です。

今回の太平洋フェリーは、阪急交通社のツアーで申し込みました!

雄大な大海原を眺めながら、子供と向き合う時間。自分と向き合う時間。人生と向き合う時間。今回の旅も、色々なことを気付かせてくれる旅でした!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
女性に生まれた幸せを120%楽しむ愛され淑女へと成長するために自分の人生をつかって研究している「愛され淑女ラボ」研究所所長のココロです! 母として、妻として、そして女として。色々な役割がある私が、全てをバランスよく全うし、愛され淑女へと成長していくために大切なこと学び・体験・経験の奮闘記をお届けしています! 淑女とは“身の振る舞いや話し方が落ち着いていて上品な女性”という意味です。更に私は、優しさや愛情、魅力に溢れる“愛される淑女”を目指しています。 実に欲張りな東北に住む33歳、4歳の息子を育てている女であります♡










 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です