Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/happiness-a/happiness-revolution.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

幸せなシングルマザーを目指す私の経験・学び・情報を発信しています

シンママライフ|シングルマザーの赤裸々子育てブログ

白石城観光レポ|真田幸村との秘密の関係とは?コスプレで遊んで超満喫!

 
  2017/09/11
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
女性に生まれた幸せを120%楽しむ愛され淑女へと成長するために自分の人生をつかって研究している「愛され淑女ラボ」研究所所長のココロです! 母として、妻として、そして女として。色々な役割がある私が、全てをバランスよく全うし、愛され淑女へと成長していくために大切なこと学び・体験・経験の奮闘記をお届けしています! 淑女とは“身の振る舞いや話し方が落ち着いていて上品な女性”という意味です。更に私は、優しさや愛情、魅力に溢れる“愛される淑女”を目指しています。 実に欲張りな東北に住む33歳、4歳の息子を育てている女であります♡

自分の生まれるずっ〜と前の日本の歴史。昔は全く興味がなかったけど、最近は興味がありすぎて困っています。今の日本の礎を築いてきてくれた人たちは、何を考え、何を大切にし、何を思って生きてきたのか。

人々が歩んできた歴史という名の軌跡を知ることで、自分の狭い価値観や世界観が広がり、これからの考察が広がっていきますよね^ – ^

今回は、宮城県白石市にある“白石城”を観光してきました。

そこで「大河ドラマ 真田丸」こと真田幸村との秘密の関係を知ったり無料でコスプレができたり、身も心も満喫してきたので、その様子と感想を画像付きでまとめてみました。

これから行く方、行こうか迷っている方の参考になると嬉しいです。

白石城は誰の城?歴女の間で大人気の・・・

白石城は、豊臣秀吉が支配していた1591年頃に、蒲生氏郷(ガモウ ウジサト)家臣の蒲生郷成(ガモウ サトナリ)が築城した城です。

蒲生氏郷?蒲生郷成?どなたなのか私の知識ではサッパリわかりませんでした。あは♡

ココロ

その後、1600年の関ヶ原の戦い直前に伊達家が奪い返し(そう、もともと伊達家の支配だった場所を秀吉が没収したんです)伊達家の軍師的な役割を担った重臣、片倉氏の居城となったのが、この白石城です。

明治維新までの260年くらいの間、ず〜っと片倉氏が守ってきました。

明治7年に解体されてしまったのですが、伊達政宗の片腕として名をはせた片倉小十郎景綱の偉業を偲んで、平成7年に三階櫓(天守閣)と大手一ノ門・大手二ノ門が史実に忠実に復元されたのが、今の白石城です。

白石城と真田家の間で結ばれた極秘の関係!実は真田家は・・・

私が一番興奮したのは、ここです!

大河ドラマ「真田丸」をご覧になった人ならご存知だと思うのですが(笑)

「大坂夏の陣」で討ち死にした真田幸村ですが、実は死の寸前に、幸村の子供達は保護されて生き延びているんです。

で、幸村が大切な子供達の保護を託したのが、この片倉小十郎(重長)であり、子ども達が保護されて育った場所こそが、この白石城だったのです!

保護された幸村の子供の名は、次男の大八(だいはち)と娘の阿梅(おうめ)です。

大八は片倉家の家臣となり、徳川側に生き残っていることがバレぬよう片倉守信を名乗り、仙台真田家の祖になります。

大八の死後、1712年に家督を継いでいた息子の片倉辰信が真田姓に戻したと言われているんですって!大好きな真田幸村と私の故郷である仙台が繋がっていたなんて、なんだか嬉しくて興奮(笑)

ココロ

そしてなんと娘の阿梅は、片倉重長の後妻に迎えられています!

そんな幸村の遺児たちが保護されて育った場所が、白石城の二の丸です。

二の丸は復元されておらず、跡地として残っています。

残念~( ̄◇ ̄;)

っと、凹んでいる暇はありませんよ( ̄ー ̄)

大八と阿梅のお墓が「当信寺」という白石城から徒歩4.5分の所にありました。

お目にかかれず残念に思っていた二の丸は、ここ当信寺の山門が、白石城の二の丸大手二の門(東口門)を移築したものだそうです。

お墓は、お寺の裏側にありました。

左側が真田幸村の娘、阿梅の墓。右側が息子、大八の墓です。

阿梅の墓が変形しているのは「虫歯の仏」として信仰され、石仏を削り取って歯につけると虫歯が治ると迷信が広まり、削りとられたからだそうです(涙)

阿梅は生前、虫歯に苦しんできたようで「たとえ仇の子でも、歯の苦しみだけはさせたくない」と語っていたんだとか。

ちなみにこの当信寺は、阿梅の菩提寺(ぼだいじ)であるため、阿梅の木床(もくしょう)義歯を公開したこともあるそうです。

この時代は、木で入れ歯を作っていたんですね!っというか、この時代には既に入れ歯があったんですね!

ココロ

そして寺のお賽銭箱には、真田の家紋である六文銭が!

白石城は無料コスプレ遊びができる!

ちなみに、白石城で無料のコスプレをして遊んできました!

羽織や刀を実際に身につけることができ、写真撮影!雰囲気を楽しんで、ご満悦のひとときでした。祝日にも関わらず空いていて、城内の見学もゆっくりできました。

まとめ

頭が冴え、徳川家康をあと一歩のところまで追い詰めた歴史上の偉大な人物である真田幸村。

彼が宮城県に足を運んだことは、おそらく生涯一度もないんだと思います。でも、あの真田丸の続きが(大河の見過ぎ 笑)ここ宮城県の白石城にあるのかと思うと、感動を覚えた私でありました。

敵方だった伊達の片倉小十郎に大切な子孫を預けるという私の浅い思考では考えつかない行動にも、幸村と小十郎の人間力の深さを感じますよね!

 

今って、命をかけて何かをすることって、ほとんどありません。

でも、この時代の人達は、常に命をかけて、本気で生きていた。

スマホなんてなくても、車なんてなくても、人と人の心が繋がっていた。信頼で結ばれていた。

 

真田丸を観ながらそんなことを強く感じていた私ですが、白石城を訪れて改めて感じました。

白石城付近には他にも、片倉家武家屋敷や片倉家墓、真田幸村の墓(供養塔)等、たくさんの見所があるので、是非また行ってみたいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -
女性に生まれた幸せを120%楽しむ愛され淑女へと成長するために自分の人生をつかって研究している「愛され淑女ラボ」研究所所長のココロです! 母として、妻として、そして女として。色々な役割がある私が、全てをバランスよく全うし、愛され淑女へと成長していくために大切なこと学び・体験・経験の奮闘記をお届けしています! 淑女とは“身の振る舞いや話し方が落ち着いていて上品な女性”という意味です。更に私は、優しさや愛情、魅力に溢れる“愛される淑女”を目指しています。 実に欲張りな東北に住む33歳、4歳の息子を育てている女であります♡










 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です