Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/happiness-a/happiness-revolution.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

幸せなシングルマザーを目指す私の経験・学び・情報を発信しています

シンママライフ|シングルマザーの赤裸々子育てブログ

読書好き女子になって欲しい理由

 
  2017/06/13
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
女性に生まれた幸せを120%楽しむ愛され淑女へと成長するために自分の人生をつかって研究している「愛され淑女ラボ」研究所所長のココロです! 母として、妻として、そして女として。色々な役割がある私が、全てをバランスよく全うし、愛され淑女へと成長していくために大切なこと学び・体験・経験の奮闘記をお届けしています! 淑女とは“身の振る舞いや話し方が落ち着いていて上品な女性”という意味です。更に私は、優しさや愛情、魅力に溢れる“愛される淑女”を目指しています。 実に欲張りな東北に住む33歳、4歳の息子を育てている女であります♡

女の幸せを全部手に入れようとしている幸女革命の管理人の趣味は、読書です。

そんな私は、社会人になるまは全く読書に興味がありませんでした。むしろ本を読んでいる人が、根暗に感じていたほどです(笑)

そんな私が、なぜ読書が好きになったのか。読書の理由と魅力を語ってみたいと思います。

読書以上の投資はない

なぜ私は、読書をしている時間が好きなのか。

大好きな著者、1ワタナベ薫さんの言葉を借りると、それは“良書に出会った数だけ人生が豊かになる”からです。

著者が多額の投資をして学んでたどり着いた答え生涯をかけて発見していった学びや教訓を、たった1000円前後で知ることができちゃうって、贅沢だと思いませんか?

本を出す人って、実際にコンサルだったりセミナーだったりをしている人が多いですが、そういうのに実際に参加すると何十万円、何百万円とかかるのが普通です。

それを1000円前後で学べちゃうなんて・・・こんなコスパの良い投資は、他にありません!!!!

新たな自分と出会える

人生における逆境を乗り越えていくことができるかどうかは、普段どれだけ自分を養っておくか、鍛えておくかにかかっていると言っても過言ではない。たくさんの本を読み、色々な人の価値観に触れ、自分の心の中を栄養で満たそう・・・

ワタナベ薫さんの著書、1週間で美人に魅せる女の磨き方で、こんな一文がありました。

自分の中にある価値観って、過去の記憶や経験でできていることがほとんどですよね。それって、凄い狭いくて偏った価値観ですよね。

多くの人は、安心・安定を望み変化を本能的に拒んでしまうから、その狭くて偏った価値観の中で生きてしまいがちと言われています。

私もそうです。

でもそれは同時に、物事を多角的に見たり、自分とは違う意見を柔軟に受け止めたりできなってしまうということでもあります。

先日、離婚を3回している人に、ある人が「なんて真面目な人!」っと言いました。最初は(いやいや、学習能力のない不真面目な人でしょ!)っと理解できなかったのですが、ある本を読んだことで、凄く深い理解に至りました。

結婚して離婚して、また結婚して離婚して、またまた結婚して離婚して。結婚しているにも関わらず恋をして、離婚せずに不倫をする人たちが多い中、隠さず偽らず、労力、体力、財力を凄く消費する離婚を3回も真面目にしているってことなんですもんね(笑)

なるほど!っと、妙に納得した瞬間でした。

このように、事実は1つでも、解釈は無数にあるんです。

だからこそ、いろいろな人の価値観や世界観に触れ、自然と自分の価値観や世界観が広がっていく読書は、とても大切だと実感しています。

  • 自分の心を豊かにしてくれる本との出逢い…
  • これからの人生に役立つ本との出逢い…
  • 意思決定の選択肢を増やしてくれる本との出逢い…etc

本との出逢いが、運命を変える出逢いとなるかもしれないなんて、ドキドキしちゃいます。これが私が読書好き女子が増えて欲しい理由でもあります。

私を興奮させてくれる場所

私は大好きなことが読書で、大好きな場所が本屋です。

“こんなにも自分の知らない世界が…こんなにも自分がもっと知りたい世界がイッパイある・・・”っと、本屋さんへ行くと、ドキドキ・ワクワクするんです。私の中にある好奇心を、凄くクスグルのです。

読書嫌いだった過去の原因

そんな私も、社会人になるまでは全く読書をしませんでした。とにかく国語が苦手。文章が何を言いたいのか理解できず、読むことが苦痛でした。

今思えば、ただの経験不足だった気がします。

“活字を読む”ことと“好みの分野の本と出逢う”が、圧倒的に不足していた故の読書嫌いでした。今でも私は、国語の教科書に出てきそうな小説やエッセイ等の文学系は全く読んでいません。スグに眠くなってしまいます。

なので自己啓発系や子育て、美容や暮らしetc、自分の生活と関係のある本ばかり読んでいます。

読んでいて、凄く楽しいし、やる気が出て来る!こんな女性になりたいな、こんなことしたいな、こんな人生にしたいな・・・etc、読書を通して夢や理想が広がるのです。最近は歴史に興味が出てきたので、伝記系も読んでいきたいと思っています。

人それぞれ、好みが違うのは当たり前なので、自分の好きなジャンルを知っていることも大切ですね。

読書の後に大切なこと

ここ1、2年、意識していること。それは、読書後のアウトプットです!

今までは、本を読み終えたことに満足。数時間後には、どんな内容だったか忘れているパターンが多かったんです(恥)

勉強も何でもそうですが、学びはアウトプットをしないと、身につかないんですよね。

なので本を読んだら、学んだことを1つ以上行動に移すことを意識しています。誰かに本からの学びや感想を伝えるのもいいですし、ブログで書くのもいいですよね!

まとめ

色々と書いてしまいましたが、読書をしていなければ今の私はないと思います。それ程読書は、私の人生に夢や希望、行動する意欲を与えてくれています。

読書好き女子の皆さま、是非、良書に出逢ったら、私にも教えてください!

私自身も読書を通して学んだ女の幸せを全部手に入れるために大切だと思う考え方や情報を、ブログを通して自分なりに発信していけたらと思います。

母として、妻として、女として。思いっきり楽しむために、これからも読書を楽しみたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
女性に生まれた幸せを120%楽しむ愛され淑女へと成長するために自分の人生をつかって研究している「愛され淑女ラボ」研究所所長のココロです! 母として、妻として、そして女として。色々な役割がある私が、全てをバランスよく全うし、愛され淑女へと成長していくために大切なこと学び・体験・経験の奮闘記をお届けしています! 淑女とは“身の振る舞いや話し方が落ち着いていて上品な女性”という意味です。更に私は、優しさや愛情、魅力に溢れる“愛される淑女”を目指しています。 実に欲張りな東北に住む33歳、4歳の息子を育てている女であります♡










 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です