Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/happiness-a/happiness-revolution.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

幸せなシングルマザーを目指す私の経験・学び・情報を発信しています

シンママライフ|シングルマザーの赤裸々子育てブログ

アロマテラピーとアロマセラピー|違いは何?フランス式?イギリス式?

 
  2017/08/23
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
女性に生まれた幸せを120%楽しむ愛され淑女へと成長するために自分の人生をつかって研究している「愛され淑女ラボ」研究所所長のココロです! 母として、妻として、そして女として。色々な役割がある私が、全てをバランスよく全うし、愛され淑女へと成長していくために大切なこと学び・体験・経験の奮闘記をお届けしています! 淑女とは“身の振る舞いや話し方が落ち着いていて上品な女性”という意味です。更に私は、優しさや愛情、魅力に溢れる“愛される淑女”を目指しています。 実に欲張りな東北に住む33歳、4歳の息子を育てている女であります♡

愛する自分自身や大切な家族に対して、自己治癒力を高めながら自然の力を借りて病気になる前のケアをしたく、日本メディカルアロマテラピー協会の「メディカルアロマ健康管理士」の資格を取得しました。

もっと多くの人に存在を知ってもらえたら、もっと知りたいと学ぶきっかけとなってくれたら嬉しいな〜っと思い、今回はアロマテラピーとアロマセラピーの違いについてわかりやすくまとめてみました。

アロマテラピーとアロマセラピーの違い

アロマが日本での流行っていますが「アロマテラピー」と「アロマセラピー」の2つの呼び方を耳にしませんか?細かい人であれば(笑)“どう違うの?”っと疑問に持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言うと、これは”フランス語発音”と”英語発音”の違いで、スペルは『aromotherapy』と一緒です。

  • フランス語発音=アロマテラピー
  • 英語発音=アロマセラピー

aromo(=香り)+therapy(治療)の意味の通り、一般的には、精油(=エッセンシャルオイル)を用いて、病気やケガの治療や予防、心身の健康やリラクゼーションやストレスケアetcを目的とする療法のことを言います。

実はこの「アロマテラピー」と「アロマセラピー」の2つ。呼び方の違いにも、大きな違いがあるんです。

イギリス式とフランス式

アロマテラピー(アロマセラピー)は、実は大きく2種類に分かれています。

  1. 花やハーブの香りの効果でマッサージやリラックスを目的とするイギリス式の「アロマセラピー」
  2. 花やハーブの成分や効能で病気の治療や予防、症状緩和を目的とするフランス式の「アロマテラピー」

ちなみに、今回私が取得したのは、フランス式のアロマテラピーの方です!

ココロ

イギリス式のアロマセラピー

現在イギリスでは、精油(アロマ)の香りを通して、美容や心身のマッサージ、リラクゼーションを目的として普及しています。

(近年、医薬品とは認められていないものの、老年期ケアや緩和ケアなど、医療の現場でも取り入れ始めているみたいです。)

フランス式のアロマテラピー

現在フランスでは、精油(アロマ)を医薬品と同じように取り扱い医療行為として使われています。精油の香りではなく、成分を分析し調合して医療の現場で活用されているのです。

これがメディカルアロマです!!!

また家庭でも救急箱に精油を常備し、病気の治療や予防に活用し、役立てています。

家庭の救急箱に精油!まさに私に理想とする状態です!病気になる前のセルフケアや市販薬からの脱却にメディカルアロマを活用しています!

ココロ

日本のアロマテラピーの実態

日本でも精油(アロマ)が簡単に手に入るようになりましたね。現状を見てみると、美容やマッサージ、リラクゼーションに活用されていることが多いので、イギリス式に近いと言って良いのかと思います。

ですがここ数年では、フランス式のアロマテラピー=メディカルアロマも良く耳にする用意なってきました!ネットでも色々な情報やレシピが掲載されていますし、独学で作っている人もいらっしゃるかもしれません。

ですが注意が必要なのは、日本の精油は“あくまでも雑貨”扱いであるということです。

フランスの精油は“医薬品”に使われていることもあり高い品質基準が設けられていますが、日本は単なる”雑貨”に過ぎないので、色々な人工的なモノ(化学薬品や添加物)が入っていたり、強い農薬が使われている可能性が高いですので、メディカルアロマとして使用する場合は、信頼のおける所からの購入が大切です。

まとめ

イギリス式のアロマセラピーとフランス式のアロマテラピー、そして日本の現状をまとめてみましたが、違いは理解できたでしょうか?

日本はまだまだメディカルアロマの分野では遅れをとっていますが、医療費が膨れ上がっている日本はにとって、メディカルアロマは救世主!これからドンドン普及していくことは間違いなしかと思います。

このまとめが、その興味づけになったら、嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
女性に生まれた幸せを120%楽しむ愛され淑女へと成長するために自分の人生をつかって研究している「愛され淑女ラボ」研究所所長のココロです! 母として、妻として、そして女として。色々な役割がある私が、全てをバランスよく全うし、愛され淑女へと成長していくために大切なこと学び・体験・経験の奮闘記をお届けしています! 淑女とは“身の振る舞いや話し方が落ち着いていて上品な女性”という意味です。更に私は、優しさや愛情、魅力に溢れる“愛される淑女”を目指しています。 実に欲張りな東北に住む33歳、4歳の息子を育てている女であります♡










 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です